「友達が困ってる」と息子から聞いたが・・・

更新日:

相談文

先日、小学校4年生の息子が「同じクラスのA君が、ほかの子からちょっかいをかけられて困っている」と言いました。詳しく尋ねるとA君は、一部の男の子たちから、物を隠されたり、机に落書きされたりしているとのこと。心配した息子が声をかけても、A君は「大丈夫だから心配しないで」と言うそうです。私は息子から聞いたA君のことを、他人事として受け取ることができません。A君の母親とも、学校行事などで顔を合わすと気軽に話す仲です。しかし、息子から聞いた話を、A君の母親に相談していいものか悩んでいます。もしかすると、A君の母親はこのことを知らないかもしれません。いまの私は、何をどうすればいいのでしょうか。(40代女性)

回答文

 心優しい息子さんに育てられましたね。ちょっかいをかけられている友達の姿を見過ごすことができなくて、どうしたらいいのだろうと思いながら、誰にも相談できずに悩んでいたのでしょうね。お母さんを相談相手に選んだことは、とても賢明だったと思いますし、思い切って相談してくれたことを、心から褒めてあげてください。 

さて、あなたの悩みは、あなた自身が、A君の身に起こっていることをお母さんに伝えるべきかどうかということなのですね。私はもちろん、早くに伝えてあげるべきだと思います。とはいえ、こういうことは伝え方が本当に難しいですよね。いきなりA君のお母さんに、「あなたのお子さんはいじめられていますよ」と伝えても、どんな事態になるのか・・・。想像がつかないだけに躊躇するのも無理ではないと思います。しかし、想像がつかないことだからこそ、そこに親神様、教祖のお働きを願いたいと思うのです。息子さんのA君を思う気持ちを大切にしてあげて、親子でA君親子のために、自分たちのできることを話しあってみられてはいかがでしょうか。A君のお母さんが、あなたからの言葉を上手く受け止めてくださるように、また、A君が本当は困っている気持ちを、お母さんに素直に伝えることができますようにと、おつとめに思いを込めることや、ひのきしんに励むことも、きっと教祖がお受取りくださる種になることを教えてあげてください。小学四年生といえども、真剣に話し合えば、必ず心に響き、人をたすける心を養って、強く育ってくれることでしょう。

とはいえ、いじめという根の深い問題については、多くの人の協力なくしては治まるものではありません。また、ただ悪者をつくるだけでは解決に繋がらないと思います。いじめをする子どもたちの心の闇にも、慈しみの心を持って思いをいたしながら、周りの大人たちが広い大きな心で、はぐくみ育てていくことが求められているのではないでしょうか。息子さんやA君のクラスが、出来るだけ早く笑顔に包まれることを、私も祈っております。

『天理時報』人生相談 回答者:吉福多恵子

あなたからのお悩み相談を承ります

天理教濃飛分教会は、岐阜県岐阜市青柳町にある天理教の教会です。
当教会では、信者であるなしに関わらず、お悩み、ご相談を承っております。

お悩み相談はコチラから

天理時報のご紹介

『天理時報』は、陽気ぐらしのための情報をお届けする新聞、天理教の週刊機関紙です。

この新聞には、天理教の動きや信者の活動が紹介されるとともに、現代社会のさまざまな問題に対する信仰的な考え方、身体と心の悩み相談、私たちの未来のために今何が必要かなど、みんなが助け合って幸せな暮らしをつくるためのヒントが満載されています。
天理教を知らない方でも、日常の暮らしの中で明るく生きる手掛りがきっと見つかります。
毎週日曜日発行。一般の新聞と同じ大きさで、6ページです。1年間で約50回、お手元にお届けします。

新規お申し込みの場合、初年度の年間購読料は4,560円です。

購読を希望される方は濃飛分教会までご相談ください。

-人間関係, 天理時報 人生相談, 生き方

Copyright© 悩み相談無料[電話・メール]天理教濃飛分教会 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.