仕事に悩む息子について

更新日:

相談文

春に就職したばかりの息子が、仕事のことで悩んでいるようです。先ごろ帰省した際、「業務が大変で思うように事を運べない。周囲に相談できる人もいないので、やめたい……」と漏らしたのです。慣れない環境下、社会に出たばかりのうちは、悩んで当然だと思います。しかし、近年、若者の離職率の高さが問題になっていることなどをみると、息子の悩みに真摯に向き合わなければと思ったのです。私は親として、今、何をどうすべきでしょうか。(40代・主婦)

回答文

息子さんが無事大学を卒業され、しかも大手企業に就職されたとあれば、子育ても一段落と随分安心されたことでしょう。しかし、いくら一人前の子どもでも、手元を離すと母親としては心配が募るものですね。ましてや、今回のように悩み事を抱えていると分かれば。更には、息子さんのことについて、お連れ合いとご相談され、なるほどと思える助言が得られても、それでも尚、気にかかりますよね。母親なればこそだと思います。

 さて、息子さんご本人の悩みについては、5月25日号の本欄が、とても参考になるのではないかと思います。どうかご一読ください。

私は、もしかしたら息子さん以上に悩んでおられるあなたについてご相談したいと思います。

子育てで大切なことは、子どもが失敗したり挫折したりしないようにと目の前の障害を取り除くことより、失敗したり挫折したときに、どう起き上がるかを教え、柔軟でしかも強い心を育てることではないかと思います。もちろん、失敗や挫折を待っているわけではありませんよ。

息子さんの心は今、折れかかる寸前ですね。周りに相談する人がないのはきっと心許ないことでしょう。あなた自身が動かれて、息子さんのお住まいや職場の近くの教会をお探しになられ、一緒に参拝されてはいかがですか。悩んだときの道筋をつけてあげるのです。その上で、あなた方ご夫婦は、息子さんの足が教会へ向くようにとの祈りを込めて、今までより足繁く教会へとお運びください。更には、諭達第三号に「見せられる事柄を通して、人だすけを促されていると受け止め、積極的なおたすけを心掛けたい」とあるように、思い切って一段成人させていただく心を定め、実動に移しましょう。離れていても、必ず教祖が守ってくださると思える信仰をもつ私たちは幸せですね。息子さんが、大変な仕事の中にも喜びを見出し、信頼のおける人間関係がたくさん生まれ、明るく心の向きを変えていけるように、しっかりと支えてあげてください。

『天理時報』人生相談 回答者:吉福多恵子

あなたからのお悩み相談を承ります

天理教濃飛分教会は、岐阜県岐阜市青柳町にある天理教の教会です。
当教会では、信者であるなしに関わらず、お悩み、ご相談を承っております。

お悩み相談はコチラから

天理時報のご紹介

『天理時報』は、陽気ぐらしのための情報をお届けする新聞、天理教の週刊機関紙です。

この新聞には、天理教の動きや信者の活動が紹介されるとともに、現代社会のさまざまな問題に対する信仰的な考え方、身体と心の悩み相談、私たちの未来のために今何が必要かなど、みんなが助け合って幸せな暮らしをつくるためのヒントが満載されています。
天理教を知らない方でも、日常の暮らしの中で明るく生きる手掛りがきっと見つかります。
毎週日曜日発行。一般の新聞と同じ大きさで、6ページです。1年間で約50回、お手元にお届けします。

新規お申し込みの場合、初年度の年間購読料は4,560円です。

購読を希望される方は濃飛分教会までご相談ください。

-人間関係, 天理時報 人生相談, 生き方

Copyright© 悩み相談無料[電話・メール]天理教濃飛分教会 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.