嫁と孫の母子関係が心配

更新日:

相談文

 最近、5歳の孫とその母親である嫁との〝母子関係〟が気になっています。孫は父親である息子の言うことは素直に聞きます。しかし、嫁に対しては、とても素っ気なく小馬鹿にした態度を取るのです。嫁は性格が優しくて穏やかなため、孫に強くしかろうとしません。それでもたまに、孫に注意することもありますが、そのたびに孫は「うるさい」と言ったり、嫁をたたいたりするのです。孫の態度も気になる一方で、母親である嫁も、子供を甘やかしすぎている気がして心配です。

回答文

 元気な男のお孫さん、どんなに可愛いことでしょう。また、お嫁さんのことを、『優しくて穏やかな性格だ』とおっしゃって、仲良くしておられる姿が目に浮かびました。

 さて、ご心配はお孫さんの母親への態度ですね。おばあちゃんとしては気になりますよね。私事になりますが、我が家の孫たちは、4年半ほど海外で生活して昨年帰国しました。上の子は小学2年生でしたので、慌ただしく入学準備を進め、学校に通い始めたのですが、しばらくすると、毎日のように母親相手に暴言を吐くようになりました。「うざい、むかつく」など。激昂すると、地団太踏んで、しばらくは手も付けられなくなるほどでした。環境の大きな変化、また、お友達からの情報も大きかったでしょう。しかし、放っておくのはいけないと、両親はこんこんと話をしたそうです。1年が経ち、心配した言葉も態度もすっかり影をひそめ、私の心配もおさまりました。今にして思うと、大きなストレスの中で「お母さん、もっと僕を見て」というシグナルだったと思うのです。

 あなたのお孫さんも、お母さんのことは大好きですよ。もっともっと自分を見てほしいのです。その気持ちを家族みんなが理解してあげながらも、やはり正すところは毅然として、何が悪いのかを教えましょう。一方、日頃から家族同士が感謝の言葉を素直に口に出したり、相手を思いやる態度を心がけていけば、子どもは大切な人にはどう接すればよいのかを自然に学んでいくことでしょう。息子さん夫婦と心を開いて話し合い、同じスタンスに立って、子育て孫育てを楽しめたらいいですね。

もう一つ、表面上は穏やかなご家庭ですが、あなたの心の奥底にお嫁さんに対して他人行儀な気持ちが潜んでいませんか。あなただけではなく大人達の小さな齟齬が、お孫さんの姿に映し出されているのかもしれませんよ。今回のことは、家族が今まで以上に心を寄せ合うことをお望みくださっている親神様からのメッセージだと思います。家族が揃って教会へ参拝し、神様に心を向けていくことで、健やかな子どもの成長をご守護いただけるのです。

『天理時報』人生相談 回答者:吉福多恵子


あなたからのお悩み相談を承ります

天理教濃飛分教会は、岐阜県岐阜市青柳町にある天理教の教会です。
当教会では、信者であるなしに関わらず、お悩み、ご相談を承っております。

お悩み相談はコチラから

天理時報のご紹介

『天理時報』は、陽気ぐらしのための情報をお届けする新聞、天理教の週刊機関紙です。

この新聞には、天理教の動きや信者の活動が紹介されるとともに、現代社会のさまざまな問題に対する信仰的な考え方、身体と心の悩み相談、私たちの未来のために今何が必要かなど、みんなが助け合って幸せな暮らしをつくるためのヒントが満載されています。
天理教を知らない方でも、日常の暮らしの中で明るく生きる手掛りがきっと見つかります。
毎週日曜日発行。一般の新聞と同じ大きさで、6ページです。1年間で約50回、お手元にお届けします。

新規お申し込みの場合、初年度の年間購読料は4,560円です。

購読を希望される方は濃飛分教会までご相談ください。

-天理時報 人生相談, 子育て

Copyright© 悩み相談無料[電話・メール]天理教濃飛分教会 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.