知人の息子に縁談話を持ちかけたが・・・

更新日:

相談文

教友のAさんは現在、夫と長男の3人で暮らしています。長男さんは、まだ結婚しておらず、今年で40歳を迎えました。「結婚願望はあるものの、なかなか出会いがない」とのこと。私は力になれればと思い、長男さんとお似合いそうな女の子を紹介したいと、Aさんに提案しました。すると、Aさんは「うちの子は、お見合いは上手くいかない気がする……」と。「まずは友達からでも」との勧めも、やんわりと断られてしまいました。相手の家族のことに、しつこく関わることは良くないとはいえ、長男さんの気持ちを察すると、少しもったいないような気もするのです。私はAさんの意見を尊重して、身を引いた方がいいのでしょうか。

回答文

親しい教友であれば、A子さん家族のこれまでの信仰心もよく知っておられることでしょう。だからこそ、何とか少し縁遠い息子さんが、早く良き縁に巡りあって、ますます一家が幸せになってもらいたいと思っておられるのですね。あなたの素直な優しさがお手紙にあふれていました。

私も、今までに何度か人にお見合いを勧めたことがありますが、なかなか上手く治まったことがありません。ですから、あなたの気持ちはとてもよく分かります。

しかしその一方で、A子さんが、息子さんのお見合い話に積極的に臨めない理由にも、心をいたしてみたいと思うのです。子どもの幸せを願わない親はいません。きっと、何か辛い思いをされてきての言葉であると思います。いくら長いお付き合いであっても、なかなか口に出せない思いがあるものです。どうかあなたには、縁談話が上手く受け止めてもらえないから身を引くなどと言わずに、どんな時にも心の内を話し合える良き友として、心の支えになってあげてください。

さて、昨今の結婚事情を見ていると、様々な問題があるようです。A子さんの息子さんのように、結婚したいという気持ちはあるものの、なかなか出会いがないということも一つです。私の周りでは、お道の人たちによる「お見合いパーティ」が開かれています。そうした場に、是非とも参加してほしいと思います。親の勧める見合いであれ、出会わなければ何も始まらないのですから。私は、親には大きな責任があると思います。子どもの自主性を尊重することは大事なことですが、親が助言を控えたり、子どもに遠慮しているのは、違うと思うのです。十分に話し合える親子の関係を、日頃から築いていくことも大切ですね。更には、子どもの結婚観には、親の姿が少なからず投影されているのではないでしょうか。両親のような夫婦になりたいという気持ちを子どもの心に育てるのが、今の社会が抱える様々な結婚事情を解決に導くキーワードとなるのではないかと思います。

『天理時報』人生相談 回答者:吉福多恵子

あなたからのお悩み相談を承ります

天理教濃飛分教会は、岐阜県岐阜市青柳町にある天理教の教会です。
当教会では、信者であるなしに関わらず、お悩み、ご相談を承っております。

お悩み相談はコチラから

天理時報のご紹介

『天理時報』は、陽気ぐらしのための情報をお届けする新聞、天理教の週刊機関紙です。

この新聞には、天理教の動きや信者の活動が紹介されるとともに、現代社会のさまざまな問題に対する信仰的な考え方、身体と心の悩み相談、私たちの未来のために今何が必要かなど、みんなが助け合って幸せな暮らしをつくるためのヒントが満載されています。
天理教を知らない方でも、日常の暮らしの中で明るく生きる手掛りがきっと見つかります。
毎週日曜日発行。一般の新聞と同じ大きさで、6ページです。1年間で約50回、お手元にお届けします。

新規お申し込みの場合、初年度の年間購読料は4,560円です。

購読を希望される方は濃飛分教会までご相談ください。

-人間関係, 天理時報 人生相談, 恋愛・結婚

Copyright© 悩み相談無料[電話・メール]天理教濃飛分教会 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.