育つ喜びを感じて

更新日:

もう40年以上も前のことです。学校を卒業したての私は、ご縁のあった天理教の教会に住み込むことになりました。

住み込むと言っても、皆さんにはイメージしづらいでしょう。ちょうど、落語家の内弟子さんが、師匠の身の回りのお世話をしながら、師匠の芸を間近に見て腕を磨き、落語家として成長していくのに似ています。私はその教会で、会長ご夫妻や家族の方と共に生活する中で、ご夫妻の信仰姿勢を間近に見て、目に見えない神様の働きを感じ、感謝して生きることの素晴らしさを学びました。

昨年、その奥様が亡くなられ、追悼文集に寄稿を求められました。育てていただいた感謝の気持ちを精一杯文字に託しました。今回、その追悼文を多くの方に聞いていただきたいと思い、天理教特有の言葉などを、分かりやすいように少し書き換えてみました。

『惜別の辞』

「親が艱難したならこそめん/\今日の日という。働きとこうのう(効能)と積んでこそめん/\の道」(M28・8・3)

結婚する日、奥様からはなむけの言葉と共に、短冊をいただきました。そこには、天理教の教祖「おやさま」のお言葉が認められていました。

今も毎日、机の前に掛けられたその短冊を眺めます。

私の今あるのは、親やそのまた親が、苦労を重ねて通ってきてくれたおかげであると心から思え、有り難さがあふれてきます。さらに続く「めん/\の道」とは、親が築いてくれた土台にあぐらをかくことなく、自らが神様の思いに沿った働きを積み重ねていく、ということでしょう。

昨年、結婚40周年を迎えた私は、次の世代や、またその次の世代へと信仰が続いて行くように、めん/\の道を歩んでいきたいと思っています。奥様に、今も励ましていただいているのだと、有り難く思います。

振り返れば、教会に住み込ませていただいたなかで、どれほどたくさんのことを教えていただいたでしょう。お料理も掃除も洗濯も、一通りのことができるようになったのはもちろん有り難いことですが、そうした目に見えることにも増して、目に見えない心の使い方を学べたことが、今の私を作っていると言っても過言ではありません。

会長様ご夫婦は、お互いに御用が多く、お忙しいにもかかわらず、いつも心を通わせておられました。

また子育てにも手を抜かず、子供達との時間が少なくても、それを補うように工夫苦心しておられた姿や、あの時は分からなかった日常のひとコマひとコマに込められた深い心づかいも、親となってなるほどと感じられ、お手本とさせていただきました。

「人間は一生をかけて、お頭のついた鯛を全部食べるようなものなんやで。若いときに、楽してやわらかい身ばかり食べてたら、年取って頭や固い骨を噛まんならんようになるやろ。そんなんなったら泣いて暮らすことになるのやで。若いときにはしっかり苦労させてもらって、後々結構にならせてもらわなあかんで」

 何度も何度も聞かせてもらったこの話を、いつの間にか子供や孫にしています。

奥様、数々のご恩は忘れられるものではありません。このご恩返しに、人だすけのうえに働かせていただくことをお誓いして、お礼といたします。ありがとうございました。

育てていただいたなあと、あらためて思います。私たちは、誰もが自分の人生を生きていく中で、様々な人の影響を受け、また誰かに影響を与えています。街ですれ違った人の仕草が素敵だなと思い、真似をしてみたことはありませんか。そんなことも含めたら、これまでの人生において、どれだけの人に育てていただいたことだろうと思います。

こうして育てて頂いている喜びを感じながら、幾つになっても人から学び、モノから学び、自分の糧にしていきたいと思います。そうして奥様のように、人の成長に大きく影響を与えられるような存在になれたら最高です。

以前、交通事故が原因で、手足が不自由になり、しばらく我が家に住んでいたおじさんが、こんなことを言っていました。

「奥さん、この前病院で、あるおばあちゃんから教えてもらったよ。人間、40、50は洟垂れ小僧。60、70は働き盛りなんだって。私もね、こんな体になって十分なことはできないけれど、少しでも働かないとダメだね。まだまだ洟垂れ小僧なんだから」

 頑固一徹で、天理教が大嫌いだったおじさんの心を動かしたのは、病院で知り合ったおばあちゃんの何気ない一言でした。

今にして思うに、おじさんの話を聞いた時、「すごいね、おじさん。天理教ではね、『働くというのは、はたはたの者を楽にするから、はたらく(側楽)と言うのや』って教えられているんだよ」と、すぐに伝えることができなかった私も、まだまだだったと思います。

 こんな反省を繰り返しながら、まだまだ、もっともっと、自分自身を磨いていきたいと、還暦を過ぎたばかりの働き盛りの私は思っています。

-ラジオ天理教の時間, 人間関係, 夫婦関係, 子育て, 生き方, 親子関係

Copyright© 悩み相談無料[電話・メール]天理教濃飛分教会 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.