長男の結婚についての相談

更新日:

相談文

 長男の結婚についての相談です。間もなく40歳を迎える長男が、まだ結婚していません。現在、交際中の相手はいるようですが、私たち夫婦に紹介する様子はありません。夫は長男に対して「教祖130年祭を勤め終えたら、会長職を譲りたい」と言っています。しかし、結婚の見通しが立たないままでは、先行きが不安です。長男がご縁を頂くには、親として何をどうしたらいいのでしょうか。(60代・女性)

回答文

 40歳を迎える息子さんの結婚がまだ決まらないことで、さぞご心配なことでしょう。お察しいたします。

 しかし、相談文を拝見していると、息子さんは決してご縁がないわけではないのですね。お付き合いをする方はいらっしゃるものの、結婚にまで踏み切れないでおられます。その原因は何かと考えると、きっと息子さんは、とても真面目で、人のことを思いやる気持ちの強い人ではないかと思います。だからこそ、今までご両親に紹介した女性が、信仰に否定的な考えを持っていることと、家族の思いの間に立って、結局踏ん切りがつかなかったのではないでしょうか。現在お付き合いしている女性を、ご両親に会わせるつもりがないというのも、その心の葛藤の裏返しではないかと推測します。

 一方、あなたも、そんな息子さんの気持ちに気がつきながら、会長であるご主人からの後継についての思い、家族の思いなどもよく分かるだけに、間に立って辛いことでしょう。家族も心配しながら、それを口に出せずにおられます。どうも、みんなが言いたいことを飲み込んで、鬱々とされているような気がしてなりません。

 結婚は、第一に二人の心がしっかりと寄り合うことが大切なのですから、周りは温かい目で見守りながら、待つ時間も必要だと思います。

 また、あなたや周りの人々は、息子さんの年齢が上がってきて、「会長を後継する前に、何とか結婚していてほしい」と思われるのは無理のないことだと思いますが、そうではなく、息子さん自らが教祖の道を辿らせていただくことを心に定めて、ついては、その伴侶となる人をご守護いただきたいと願う、その順序のところに親子の気持ちのすれ違いのないように、しっかりと話し合っていただきたいと思います。結婚の話は、切り出しにくくても、道を通ることについてのご長男の思いを聞き、また親の思いも話すことで、これから何ができるのか、見えてくるのではないでしょうか。

親の陰での祈りは大きいものです。お日様のように明るい心を皆に映していくのは、母親の役目ですね。

『天理時報』人生相談 回答者:吉福多恵子

あなたからのお悩み相談を承ります

天理教濃飛分教会は、岐阜県岐阜市青柳町にある天理教の教会です。
当教会では、信者であるなしに関わらず、お悩み、ご相談を承っております。

お悩み相談はコチラから

天理時報のご紹介

『天理時報』は、陽気ぐらしのための情報をお届けする新聞、天理教の週刊機関紙です。

この新聞には、天理教の動きや信者の活動が紹介されるとともに、現代社会のさまざまな問題に対する信仰的な考え方、身体と心の悩み相談、私たちの未来のために今何が必要かなど、みんなが助け合って幸せな暮らしをつくるためのヒントが満載されています。
天理教を知らない方でも、日常の暮らしの中で明るく生きる手掛りがきっと見つかります。
毎週日曜日発行。一般の新聞と同じ大きさで、6ページです。1年間で約50回、お手元にお届けします。

新規お申し込みの場合、初年度の年間購読料は4,560円です。

購読を希望される方は濃飛分教会までご相談ください。

-天理時報 人生相談, 恋愛・結婚, 親子関係

Copyright© 悩み相談無料[電話・メール]天理教濃飛分教会 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.