一人で店を続けるか、息子と同居するか

更新日:

相談文

5年前に夫を亡くしてから、一人で老舗の「和菓子」屋を営んでいます。そんななか先日、息子夫婦から同居を勧めらました。私の生活のことを心配してくれたのでしょう。最初にその話を聞いたとき、うれしかったのですが「まだ店を続けたいから、しばらくは私のことは気にしないで」と言ってしまいました。しかし突然、私も年が年なだけにいまは健康な体でも、この先いつ倒れるのか分からないという、不安な気持ちにかられたのです。病気になってから息子夫婦に介護されるだけの同居は嫌です。いまになって、息子との同居を先延ばしにしたことを後悔しています。どうしたらいいでしょうか。

回答文

 ご主人を亡くされてから5年。突然の出直しであったとお手紙にありましたから、きっとご主人も心残りだったことでしょう。しかし、あなたの方は無我夢中でしたよね。並大抵の努力ではなかったと思いますが、よくお店を続けてこられました。

 息子さんは、そんなあなたに、もうそろそろ楽をさせてあげたいと思って、同居の話を持ちかけられたのでしょう。親を思う子どもの心、両親の薫陶を受けた優しい心の持ち主ですね。

一方、あなたは揺れ動いておられます。ご主人と二人三脚で築いてこられた和菓子屋を畳むのは寂しいし、まだ元気なうちは働き続けていたい。できれば息子に迷惑をかけず、今の生活を続けたいと思って、息子さんの申し出を先延ばしにされたのでしょう。しかし、ふと別の考えにとらわれてしまいました。倒れてしまってから介護されるためだけに同居するより、息子さんが誘ってくれたのを良い潮時に、同居した方がよかったのではないかと。

あなたの気持ちはよく分かります。とても不安なんですよね。自分の決断に自信が持てず、それなら息子の申し出に従った方が良いのではと思っておられるのです。でも、同居する時期が良いとか悪いとか、それは後の結果次第です。要は後から考えても、「この時期で良かったんだ」と思えるタイミングのご守護をちょうだいできるかどうかだと思うのです。そう思えば、迷いの心を解き放し、しっかり親神様に凭れて通ることが安心の道であることがわかるでしょう。

また一つ、人は皆、居場所があり、誰かと繋がりあっていることで、生きている実感を味わうものだと思います。大変ではあっても、今の生活には、きっと生き甲斐を感じておられるのではないでしょうか。そうであれば、息子さんとよく話し合われて、できるだけ長く、今の時間が続くよう協力してもらいましょう。もし、新しい土地に移られるなら、早くコミュニティになじめることを祈ります。教会が近くにあることも。 離れていることは、心配なことも多いですが、「神様に護って頂ければ大丈夫」と、あなたの毅然とした態度が子や孫に信仰心を映す機会になれば、これもまた、大いなるご守護ですね。 

『天理時報』人生相談 回答者:吉福多恵子


あなたからのお悩み相談を承ります

天理教濃飛分教会は、岐阜県岐阜市青柳町にある天理教の教会です。
当教会では、信者であるなしに関わらず、お悩み、ご相談を承っております。

お悩み相談はコチラから

天理時報のご紹介

『天理時報』は、陽気ぐらしのための情報をお届けする新聞、天理教の週刊機関紙です。

この新聞には、天理教の動きや信者の活動が紹介されるとともに、現代社会のさまざまな問題に対する信仰的な考え方、身体と心の悩み相談、私たちの未来のために今何が必要かなど、みんなが助け合って幸せな暮らしをつくるためのヒントが満載されています。
天理教を知らない方でも、日常の暮らしの中で明るく生きる手掛りがきっと見つかります。
毎週日曜日発行。一般の新聞と同じ大きさで、6ページです。1年間で約50回、お手元にお届けします。

新規お申し込みの場合、初年度の年間購読料は4,560円です。

購読を希望される方は濃飛分教会までご相談ください。

-天理時報 人生相談, 生き方, 親子関係

Copyright© 悩み相談無料[電話・メール]天理教濃飛分教会 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.