家族のコミュニケーション不足

更新日:

相談文

現在、中学生の息子と小学生の娘の4人家族で暮らしています。最近、家族のコミュニケーション不足に悩むようになりました。これまでは、朝食・夕食時には必ず皆で食卓を囲み、子供たちが学校での出来事を報告したり、子供たちが喧嘩して夫が叱ったりというようなことがしばしばありました。ところが最近、皆の帰宅時間が揃わなくなりました。家内で子供たちに顔を合わせてもあいさつをせず、「最近どう?」と尋ねても「別に…」と、素っ気ない返事をされるのです。また、夫や子供たちが、家族同士であいさつや会話をする姿もほとんど見かけなくなりました。今後、一体どうしたらいいのでしょうか。(40代女性)

回答文

4人の子どもを育てておられるお母さん、毎日が忙しいことでしょう。しかも上のお兄ちゃん二人は中学生ですから、子どもから大人へと変化を遂げる思春期、そして反抗期まっただ中ではないでしょうか。この時期には、子ども自身が心の底からわき起こる、訳の分からないモヤモヤや、抑えきれない苛立ちを持て余し、自分をコントロールできずに、時には物を投げたり蹴ったり、また大声をあげて暴れたりすることもあると言います。私も子どもが中学2年生の1年間、毎日のように喧嘩をした思い出があります。精神的にかなり参りましたが、今にして思えば息子の方がもっとしんどかったでしょうね。不思議なことに、進級して3年生になった途端に嘘のように治まりましたが。

さて、もし二人が反抗期であれば、正常な成長ではありますが、あなたが一人で対応するのは大変でしょう。ぜひご主人にも協力していただきたいところです。もちろん、仕事があって、子どもたちと直接は関われなくても、あなたの相談相手になってくだされば、あなたの気持ちもずっと楽になると思います。「あなたの反抗期はどんなだったの」というような会話で、今の子どもたちがどんな成長過程にいるのかを感じてもらえるかもしれませんね。そして、子どもたちが落ち着いているときに、男同士の会話をお願いするのも手だと思います。

ところで、教会に迷惑をかけるからと、家族揃っての参拝を躊躇しておられるようですが、こんな時こそ、教会に足を運び、親神様、教祖に心を繋いでいってください。いらぬ心配で、将来、子どもたちの道が切れてしまう方が、会長様や奥さまは、残念に思われることでしょう。

子どものことで悩んだときは、自分もそうして親に心配をかけてきたのだと思い返せば、親への感謝も深くなりますね。親に繋がってこその子どもであることを思えば、親という根にしっかり肥やしをかける努力もしていってください。

お母さん、あなたは家庭の太陽です。いつもにっこり、温かい目で子どもたちを見ていてあげてください。反抗期という雲間が晴れれば、子どもたちにもきっと笑顔が戻りますから。

『天理時報』人生相談 回答者:吉福多恵子

あなたからのお悩み相談を承ります

天理教濃飛分教会は、岐阜県岐阜市青柳町にある天理教の教会です。
当教会では、信者であるなしに関わらず、お悩み、ご相談を承っております。

お悩み相談はコチラから

天理時報のご紹介

『天理時報』は、陽気ぐらしのための情報をお届けする新聞、天理教の週刊機関紙です。

この新聞には、天理教の動きや信者の活動が紹介されるとともに、現代社会のさまざまな問題に対する信仰的な考え方、身体と心の悩み相談、私たちの未来のために今何が必要かなど、みんなが助け合って幸せな暮らしをつくるためのヒントが満載されています。
天理教を知らない方でも、日常の暮らしの中で明るく生きる手掛りがきっと見つかります。
毎週日曜日発行。一般の新聞と同じ大きさで、6ページです。1年間で約50回、お手元にお届けします。

新規お申し込みの場合、初年度の年間購読料は4,560円です。

購読を希望される方は濃飛分教会までご相談ください。

-天理時報 人生相談, 親子関係

Copyright© 悩み相談無料[電話・メール]天理教濃飛分教会 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.