宗教嫌いの夫との不和に悩む友人

更新日:

相談文

高校時代の同級生である友人は最近、身心ともに不安定な状態が続いています。話を聞くと、ご主人との不仲が原因とのこと。友人のご主人は最近、自分勝手な言動が目立ち、妻の言うことを一切聞かなくなったというのです。信仰3代目の友人に対し、ご主人は大の宗教嫌い。友人は所属教会が遠方にあるため、私以外に親しく相談できる人がいないようです。私に何ができるでしょうか。(30代女性)

回答文

眠れないほどの悩みを抱えたご友人。さぞかし、辛いことだろうと思います。お手紙を拝見すれば、結婚4年目とか。ご主人の様子が、転職された頃を境に変わってきたとのことですから、やはりそこに、何か原因があるのではないかと考えてしまいますね。しかし、そこにいたるまでの道のりにも目を向けてみれば、成ってきたことの種が落ちているような気がします。

結婚前は、熱心にお道の活動に参加されていた友人にとってみれば、宗教が嫌いというご主人との日々は、ふとしたときの何気ない会話の中に小さな不満を重ねてこられたのではないでしょうか。さりとて、そのことは、相手のご主人にしても同じこと。どちらか一方だけに責任があるものではありません。例え、同じように信仰を指針に進む夫婦であっても、時々に心を合わせる努力を怠れば亀裂が入ってしまうでしょう。ましてや、友人のような場合であれば、尚更のことではなかったでしょうか。

さて今、あなたの役割は大きいと思います。

友人にとって、心を許して話の出来る人は、あなたしかおられないのですものね。きっと、毎日友人のことを願い、おつとめをつとめ、祈ってくださっていることでしょう。また、友人宅に足を運び、顔を合わせて下さることで、どれほど友人の心が安らぐことかと思います。素晴らしいおたすけに繋がっていますね。

ところで、文面では分かりませんでしたが、友人の今の苦境を友人のご家族はご存じなのでしょうか。信仰の続くご家族とありましたから、きっと信仰的に受け止めて、共に解決への道を歩いて下さることでしょう。

更には、所属教会が遠いとのことでしたが、あなたの知っておられる近くの教会へ、一緒に参拝に行こうと誘ってあげてください。会長さんや奥さんに話ができれば嬉しいのですが。

そんな道が付くように、あなたの尽力をお願いします。

相手を責めても問題の解決にはつながりませんが、さりとて自分を責めてばかりでも、心が折れてしまいます。顔を上げると、自然と鼻から空気が入るように、友人の心が少しでも前を向けるような、働きかけを考えてあげてください。

『天理時報』人生相談 回答者:吉福多恵子

あなたからのお悩み相談を承ります

天理教濃飛分教会は、岐阜県岐阜市青柳町にある天理教の教会です。
当教会では、信者であるなしに関わらず、お悩み、ご相談を承っております。

お悩み相談はコチラから

天理時報のご紹介

『天理時報』は、陽気ぐらしのための情報をお届けする新聞、天理教の週刊機関紙です。

この新聞には、天理教の動きや信者の活動が紹介されるとともに、現代社会のさまざまな問題に対する信仰的な考え方、身体と心の悩み相談、私たちの未来のために今何が必要かなど、みんなが助け合って幸せな暮らしをつくるためのヒントが満載されています。
天理教を知らない方でも、日常の暮らしの中で明るく生きる手掛りがきっと見つかります。
毎週日曜日発行。一般の新聞と同じ大きさで、6ページです。1年間で約50回、お手元にお届けします。

新規お申し込みの場合、初年度の年間購読料は4,560円です。 購読を希望される方は濃飛分教会までご相談ください。

-人間関係, 天理時報 人生相談, 夫婦関係

Copyright© 悩み相談無料[電話・メール]天理教濃飛分教会 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.