極度に怖がりな夫に嫌気がさす

更新日:

相談文

結婚して3カ月経ちましたが、夫の頼りなさが露呈してきてうんざりしています。夫は〝怖がり体質〟で、夜寝るときも電気をつけたままです。私は暗くならないと寝られないので、毎夜、夫が寝静まるのを待ち、電気を消してから寝ています。また、夜中に一人でトイレにいけないと起こされることもしばしばです。もうすぐ第一子となる長男を出産する予定ですが、こんな父親では頼りなく心配です。(30代・女性)

回答文

どのくらいお付き合いの期間があったのか分かりませんが、お手紙によるとお二人は会社の同僚だったということですから、あなたは彼の人となりを理解して結婚に踏み切られたのだと思います。それでも一緒に暮らしてみないとわからないことって、やっぱりあるものですね。

今のあなたの状態は、ご主人の怖がりの度が過ぎて頼りないと思うようになってから、彼の悪い所しか見ていないようです。将来に不安も感じておられますね。あなたの気持ちはわからないでもありません。しかし、もうすぐ親となるお二人ですから、赤ちゃんに安心して生まれてきてもらえるよう心の下地作りをしておきたいものです。

この世は、親神様の人間をたすけてやりたいという思いに満ち満ちています。あなたからみれば困った事(ピンチ)でも、神様は、成長の種(チャンス)を与えてくださっているのではないでしょうか。

お姑(かあ)さんと仲良くなるチャンス

ご主人は、きっと子どもの頃から怖がりだったのでしょう。お姑さんはどのように接しておられたのか、まさか成人した息子のトイレに付き合っていたとは考えられませんよ。お姑さんの胸に飛び込む気持ちで、悩みをきいてもらい、接し方のヒントをもらいましょう。注意したいのは、話を聞いているうちに、母親の育て方が悪かったなどと決して思わないでください。悪者さがしをするわけではないのです。

ご主人をよく知るチャンス

結婚して知ったご主人の怖がり。でも、今まで知らなかったご主人の素敵なところもきっとあるはずです。悪いところばかり見えてしまう眼鏡をはずして、素直な気持ちでよいところをいっぱい見てあげてください。もしかしたらご主人自身、自分の良いところに気がついていないかもしれません。きちんと言葉にして褒めてあげましょう、自信は人を変えます。

自分で選んだようで、実は因縁のある者同士を結んでいただいたのが夫婦です。ご主人の怖がりはなくなるものではないかもしれません。でも、あなたの心の置きどころが変われば、見える世界も変わり、陽気ぐらしへ一歩近づく歩みとなることでしょう。

『天理時報』人生相談 回答者:吉福多恵子

あなたからのお悩み相談を承ります

天理教濃飛分教会は、岐阜県岐阜市青柳町にある天理教の教会です。
当教会では、信者であるなしに関わらず、お悩み、ご相談を承っております。

お悩み相談はコチラから

天理時報のご紹介

『天理時報』は、陽気ぐらしのための情報をお届けする新聞、天理教の週刊機関紙です。

この新聞には、天理教の動きや信者の活動が紹介されるとともに、現代社会のさまざまな問題に対する信仰的な考え方、身体と心の悩み相談、私たちの未来のために今何が必要かなど、みんなが助け合って幸せな暮らしをつくるためのヒントが満載されています。
天理教を知らない方でも、日常の暮らしの中で明るく生きる手掛りがきっと見つかります。
毎週日曜日発行。一般の新聞と同じ大きさで、6ページです。1年間で約50回、お手元にお届けします。

新規お申し込みの場合、初年度の年間購読料は4,560円です。

購読を希望される方は濃飛分教会までご相談ください。

-天理時報 人生相談, 夫婦関係

Copyright© 悩み相談無料[電話・メール]天理教濃飛分教会 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.