無口で無関心な夫に失望した

更新日:

相談文

未信仰の夫と結婚して5年が経ちました。4歳になる娘がいます。結婚してほどなく、夫が無口で無関心な性格であると気づきました。夫は私が話しかけなければ、ほとんど口を利きません。先日、娘が通う保育園のママ友との付き合いについて相談したのですが、夫は目も合わさず「ふうん」とひと言だけ。あまりに無関心な夫の態度に失望しました。一度離れてしまった気持ちが戻ることはないのだろうと諦めかけています。どうしたらいいでしょうか。(30代女性)

回答文

 家庭を整え、子供を育て、パート勤めもしているとのこと。さぞかし忙しい毎日を過ごしておられることでしょう。

 さて、結婚からほどなくして、ご主人の無口で無関心なところが気になりはじめたのですね。ご主人と職場で知り合ったころは、仕事を黙々とこなす頼りがいのある先輩に思えたと書いてありましたから、恋愛時代には、むしろその寡黙さに惹かれたのではないでしょうか。

 とはいえ、かつてはそれなりに会話があり、結婚へと至る段階を経てきたのでしょうから、家族となって共に暮らす日々には、温かい情愛の通う言葉をかけあいたいと思うのは当然です。

 ところで、あなたはご主人に、いつもどんな言葉をかけていますか。誰でも結婚前は、ちょっとでも自分をよく見せたい、好かれたいと、相手が喜ぶ言葉をかけるでしょう。しかし、結婚を境に「私の喜ぶ言葉をかけてほしい」と、相手に望むことが多くなるような気がします。それは相手に気を許し、自分をさらけ出しているともいえますが、親しい間柄だからこそ、なおさら相手の気持ちを推し量り、お互いに気を使い合うのが、夫婦円満のコツだと思います。

 想像するに、ご主人は何でもそつなく人に接するタイプというより、自分の思いさえ素直に表すことの苦手な、不器用なタイプの方ではないでしょうか。何も言ってくれない、関心を持たれていないと悩むあなたもつらいでしょうが、心に思いはあっても、適当な言葉を見つけられずに言葉をのみ込んでいるご主人も、苦しい思いをされているのだと思います。

 以前、あなたと同じような悩みを抱える人に、ご主人のために祈ってみませんかと、お話ししたことがあります。

 まずは教会へ参拝し、おつとめを勤めましょう。

 ようぼくであるあなたなら、今まで見えていなかったものに気づくことでしょう。  夫婦の形は、さまざまです。無口だけれど働き者のご主人と、笑顔で明るい奥さん。きっとその家庭の中で素敵な娘さんが育ちますよ

『天理時報』人生相談 回答者:吉福多恵子

あなたからのお悩み相談を承ります

天理教濃飛分教会は、岐阜県岐阜市青柳町にある天理教の教会です。
当教会では、信者であるなしに関わらず、お悩み、ご相談を承っております。

お悩み相談はコチラから

天理時報のご紹介

『天理時報』は、陽気ぐらしのための情報をお届けする新聞、天理教の週刊機関紙です。

この新聞には、天理教の動きや信者の活動が紹介されるとともに、現代社会のさまざまな問題に対する信仰的な考え方、身体と心の悩み相談、私たちの未来のために今何が必要かなど、みんなが助け合って幸せな暮らしをつくるためのヒントが満載されています。
天理教を知らない方でも、日常の暮らしの中で明るく生きる手掛りがきっと見つかります。
毎週日曜日発行。一般の新聞と同じ大きさで、6ページです。1年間で約50回、お手元にお届けします。

新規お申し込みの場合、初年度の年間購読料は4,560円です。

購読を希望される方は濃飛分教会までご相談ください。

-天理時報 人生相談, 夫婦関係

Copyright© 悩み相談無料[電話・メール]天理教濃飛分教会 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.