近所づきあいについて

更新日:

相談文

夫の転勤を受けて昨年、新たな土地へ家族4人で引っ越してきました。当初は〝ママ友〟や近所の方と親しくお付き合いをしていたのですが、最近では、接し方に悩むことが増えて困っています。会うと決まって、夫や仕事、学校関係者への愚痴や悪口を言う人が少なくないのです。話を聴くことでストレスの軽減につながればと思っていたのですが、「たんのう」の心づかいをお教えいただく一ようぼくとしては、心苦しいものがあります。今後、どうお付き合いをしていけばいいでしょうか。(30代・主婦)

回答文

 ご主人の転勤とはいえ、新たな土地に移られて、周りの人々との関係を一から築いていくことは、大きなエネルギーがいることだと思います。引っ越しの経験のない私には、そんな状況の中で、すぐに知り合いもできておられ、しかもその方のことを親身に思われておたすけに取り組もうとしているあなたは、とても輝いてみえます。

 とはいえ、知り合われた方々の言動に心痛む日々を送っておられるとのこと。人の不平や不満を長々と聞かされると、どうもこちらの心が折れてしまいますね。

「どうしてこの人はこんなことを言うのだろう。こんなことをするのだろう」と思うことってありますが、マイナスを数え上げてみても、どうも人は変わらないようです。それよりも、ほんの小さなことでも、その人のいいところを捉えて、プラスを積み重ねていけるような言葉がけができればいいですね。

ところで、お手紙からは窺い知ることができなかったのですが、ご家族は恙ない日々でしょうか。引っ越されて、所属の教会からは遠くなられたことと思います。お休みの日に、家族が揃って参拝できるような、近くの教会は見つかりましたか。ちょうど、3月から「ようぼくの集い」が始まります。同じ地域に住む教友と知り合うには絶好の機会だと思います。ぜひご夫婦でご参加ください。また、地域でのひのきしん、天理時報の手配りなどの活動情報も得て、積極的に参加させてもらいましょう。心が折れて悩んでいるときは、おつとめとひのきしんが一番です。あなた自身の心が勇み、晴れ晴れとしてきたら、今まで苦痛に思われた知り合いの方の言葉も、あまり気にならなくなると思いますよ。笑顔と思いやりの言葉を、いっぱいかけてあげてください。きっとあなたの勇み心が伝わって、少しずつでも変わっていただけると信じます。

そしてほら、気が付けば、「たすけてあげたい」と思っていたあなた自身が、一番たすけていただいていると思える日が必ずやってくると思いますよ。

『天理時報』人生相談 回答者:吉福多恵子

あなたからのお悩み相談を承ります

天理教濃飛分教会は、岐阜県岐阜市青柳町にある天理教の教会です。
当教会では、信者であるなしに関わらず、お悩み、ご相談を承っております。

お悩み相談はコチラから

天理時報のご紹介

『天理時報』は、陽気ぐらしのための情報をお届けする新聞、天理教の週刊機関紙です。

この新聞には、天理教の動きや信者の活動が紹介されるとともに、現代社会のさまざまな問題に対する信仰的な考え方、身体と心の悩み相談、私たちの未来のために今何が必要かなど、みんなが助け合って幸せな暮らしをつくるためのヒントが満載されています。
天理教を知らない方でも、日常の暮らしの中で明るく生きる手掛りがきっと見つかります。
毎週日曜日発行。一般の新聞と同じ大きさで、6ページです。1年間で約50回、お手元にお届けします。

新規お申し込みの場合、初年度の年間購読料は4,560円です。

購読を希望される方は濃飛分教会までご相談ください。

-人間関係, 天理時報 人生相談

Copyright© 悩み相談無料[電話・メール]天理教濃飛分教会 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.